T. K. Ramamoorthy [ Fabulous Notes And Beats Of The Indian Carnatic - Jazz ] CD

型番 EM1091CD
販売価格 2,484円(税184円)
購入数

※試聴クリップはページ下部にあります。


T.K. ラマムーシー『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』[EM1091CD]

魅力的なひびきをもつ「インディアン・ジャズ(もしくはインドジャズ)」は、60年代において欧米に出現したが、実のところ、西洋ジャズのアンサンブルに楽器としてシタールを加えたものがほとんど。つまり、インドっぽい響きのする、エスニックな香りのするモダン・ジャズの域を出なかった。

しかし、それを吹き飛ばすとんでもない作品があった。ここに紹介するT.K. ラマムーシーの1969年発表のアルバム『ファビュラス・ノーツ&ビーツ・オブ・ジ・インディアン・カルナーティック・ジャズ』は、南インドの古典音楽であるカルナーティック音楽の厳格な音楽形式をそのまま用いつつ、インドの音楽が果たしてジャズになるのか?と問うた実験作品。西洋楽器とインドの打楽器・弦楽器を混合し、全員インド人で演奏した(インド式に楽器を手に床に座ってジャズを演奏している風景を想像してほしい)その成果は唯一無比、形容し難い独特のものであり、新しい音楽ジャンルすら要求できそうな怪作となっていた。

ザキール・フセインやL. シャンカールらが登場し、インド人によるジャズへのアプローチが世間の注目を浴びるのはこの試みのずっと後のこと。本作はインド以外でほとんど誰も知らなかった「インド人によるインドのジャズ」探求の源流で、異なる音楽が折衷・融合し、奇怪で突拍子もないが異様なクールさを兼ね備えたこの器楽曲は、カルナーティック音楽に聞こえるかと思えばジャズにも聞こえ、変幻自在のマジックのようだ。また、種々の音階の使用で、モーダル・ジャズにもなり不意にエチオピアン・ジャズのようにも響くこの摩訶不思議さ。

T.K. ラマムーシーは南インド出身、1922年生まれで、もともとカルナーティック音楽のヴァイオリン奏者だったが、後に南インドの映画音楽の作曲家として大成。60年代よりM.S. ヴィシュワナータンと作家コンビを組み、80年代までチェンナイを拠点に実に700以上もの映画音楽を手がけた大作家である。本アルバムは作曲家である彼の腕試しの意味が強く、上向音形、下降音形、音階、ターラ(時間・拍の概念)といったラーガの厳格なシステムを守り、その上でジャズに出来るか挑戦している点で驚異的。音楽的にも聴き込むほどに深くなる作品だ。これほど南インドの映画界で活躍した彼だが、ソロ名義のアルバムはこれより他になく(?)、その意味でも貴重な音源である。

*英語・日本語解説
*CD版 特製紙ジャケット

TRACKS:
1. Gowla
2. Ranjani
3. Begada
4. Mohana
5. Natta
6. Udaya Ravu Chandrika
7. Byag Maya Malava Gowla
8. Sahana
9. Kanakangi
10. Rasikapriya




Your recent history

Recommended