TOP >EM >LP

Lieven Martens Moana [ Three Amazonian Essays ] LP

型番 EM1165LP
販売価格 2,484円(税184円)
購入数

※試聴クリップはページ下部にあります。


リーヴォン・マーティンス・モアーナ『スリー・アマゾニアン・エッセイズ』vinyl版 EM1165LP

10月7日(土)発売予定。ご予約受付中。

リーヴォン・マーティンス・モアーナ2017来日ツアー


■10月11日 @渋谷・DOMMUNE
■10月13日 @渋谷・WWWW 〜Balearic Park” – Autumn 2017〜
■10月14日 @新潟・燕喜館〜experimental room #26〜
■10月15日 @京都・外 (soto)
■10月19日 @大阪・CONPASS

各イベント詳細はこちらから:http://emrecords.net/lmm_japan_tour_october2017/

================================================

Dolphins Into The Future ことリーヴォン・マーティンス・モアーナがフィニス・アフリカエの熱帯雨林バレアリック傑作『Amazonia』を素材にして制作したソロ・アルバム。サンプリング/フィールド録音/シンセサイザーで表現した架空の脳内アマゾン探検。

ニューエイジ・ミュージック的な作風のDolphins Into The Futureをはじめ、複数の名義で活動しているベルギーの作家、リーヴォン・マーティンス・モアーナが本名で発表するアルバム。この『Three Amazonian Essays』は、スペインの伝説的スタジオ・プロジェクト、フィニス・アフリカエによるアマゾン探検を題材にした名盤『Amazonia』(1990 年) を丸ごと音素材として使用し、別のアマゾンを抽出しようとする試みだ。本作でモアーナは『Amazonia』の音とフィールド録音を小さなピースに切り刻み、電子音を加え、それをモザイク画にように貼付けてフィニス・アフリカエの進んだ架空の探検路の更に奥の世界を描き出した。アマゾン川を遡上して奥地に入り込んで行くような密林サウンド・スケープは正にトリッピー。副題に湯浅譲二、武満徹、アイヴスへのデディケーションがあるように、これまでのクラブ寄りの視点からでなく、クラシック〜現代音楽と捉えた方がしっくりくる作品といえる。

TRACKS:
Side A
Music For A Clearing (23:20)
-For Joji Yuasa and Juan Alberto of Finis Africae-

Side AA
1. Port of Spain (Lento) (5:26)
-A prelude. For Pele Flores Martens-
2. Sinfonieta Amazonia (14:58)
-Small abstractions of the rainforest and the river. For Toru Takemitsu and Charles Ives-

Your recent history

Recommended