パイリン・ポーンピブーン [ ラム・クローム・トゥン〜幻の白い鳥 ] CD

型番 EM1147CD
販売価格 2,484円(税184円)
購入数

※試聴クリップはページ下部にあります。


Phairin Phonphibun『Lam Klom Thung(幻の白い鳥): Essential Phairin Phonphibun』EM1147CD

タイ音楽の宝物。正統派モーラム(※)歌姫、パイリン・ポーンピブーンの名演ベスト選。タイ必須盤!

パイリン・ポーンピブーンはイサーン音楽の重鎮、スリン・パークシリの秘蔵っ子で、アンカナーン・クンチャイを踏襲した正統派のモーラム歌手だ。世界初となる本ベスト盤ではパークシリとの名コンビによる全盛期70s後半〜80s初頭の名演を集めた。実力も人気もあったが録音は多くなく(→パクシリが粗製濫造を嫌った)殆どがシングル盤のリリースだったため本作の音源価値は相当に高い。ほぼ全曲が世界初再発・CD化となる。

表題曲「ラム・クローム・トゥン(幻の白い鳥)」はイサーン音楽を主役にした特大ヒット映画『モンラック・メナム・ムー』(78年)の主題歌で彼女の代表曲。これに感動したタイ歌謡の大物ワイポット・ペットスパンが、パークシリにカバー制作を懇願したという曰く付きの名曲だ。

常にイサーン音楽に新風を吹き込んできた変革者でもあるスリン・パークシリだが、パイリンは彼が最もキレていた時代の歌手ゆえ作品は超実験的。ラム・プルーンやラム・タンワーイ、ルークトゥン・イサーンなどどれもこれも一癖ある録音揃いで、アフリカ音楽を思わせるポリリズミックな曲、トライバル・ダンスミュージックそのものの曲などディープでヘヴィーな作品でいっぱい。歌手の歌と容姿にのみスポットが当てられがちなタイ音楽の中で、日米欧の名うてのプロデューサー/アレンジャー仕事と同じく、サウンド面でも語られるべき名曲が並ぶ。ファンクでもジャズでもロックでもクラブミュージックでもない独自の音楽モーラム!タイ音楽を知れば知るほどその輝くような特別さがわかる、Soi48とエムが自信を持ってお送りするスペシャルな1枚です!

----------------------------

※注「モーラム」:モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人”で、その歌手と芸能の両方をさす名称。モーラムは“歌”ではない。イサーン(タイ東北部)が本場。

----------------------------

+ 選曲・解説・装丁:Soi48(英訳付き)
+ 日本語・英語訳詩
+ CD 版:通常ジュエルケース,24頁ブックレット
+ LP 版:ライナー封入

TRACKS:
1. Yan Hak Bo Ching ヤーン・ハック・ボー・チン
2. I Mae Oei (soeng) イー・メー・ウーイ(スーン)
3. Lam Phloen Doen Salab ラム・プルーン・ドゥーン・サラッブ
4. Lam Tang Wai Chiik Ko ラム・タンワーイ・チック・コー
5. Phak Ki Phu Chai パーク・キー・プー・チャーイ
6. Lam Phloen Chai Khon Ko ラム・プルーン・チャーイ・コーン・コー
7. Lam Phloen Hak Khon Tia ラム・プルーン・ハック・コン・ティア
8. Lam Phloen Thai Fak Kiao  ラム・プルーン・タイ・ファーク・キアオ by Thongmi & Phairin トーンミー&パイリン
9. Ok Phansa (soeng) オーク・パンサー(スーン)
10. Lam Klom Thung ラム・クローム・トゥン

※CD/LP版ともに同内容・曲順です。

Your recent history

Recommended