ステープ・ダーオドゥアンマイ・バンド [ 俺たち兄弟、都会を行く ] CD

型番 EM1149CD
販売価格 2,484円(税184円)
購入数

※試聴クリップはページ下部にあります。


Suthep Daoduangmai Band 『Come My Brother, Let's Go to the City!』[EM1149LP]

デジタル配信版はこちらで購入できます:https://emrecords.bandcamp.com/album/em-records

Soi48クラシック「俺たち兄弟、都会を行く」収録!タイの大スター歌姫、あのシリポン・アムパイポンが在籍したモーラム楽団の名盤。ヒップホップ顔負けのリリックでイサーン人の心情をぶちまけた80s興行モーラムのキ・ラ・メ・キ ショーケース!

ステープ・ダーオドゥアンマイ・バンドは出稼ぎで財を成したイサーン人のステープ・ダーオドゥアンマイさん(実在)が80年代に組織した伝説的な楽団だ(楽団所有はタイでの音楽愛表現の究極型である)。本アルバムは当時ホントーンを手がけ、新開発モーラム型<ラム・ペーン>を大爆発させていたドイ・インタノンにプロデュースされ、数百万本を売り上げたというカセットテープ時代のモンスター。コーシン&カノーンサックによるクリスタルキング〜アリス系熱唱ツイン・ヴォーカルの最強チューン「俺たち兄弟、都会を行く」を筆頭に、モーラムのブラザー&シスター4人で現場ダンスホール・モーラムが炸裂。イサーン最下層の悲喜こもごもをラムした歌詞は必読だ。また、ワールドミュージック・ファンの注目はなんといってもシリポン様が在籍していたことで、彼女の幻のデビュー曲「モーラム娘は愛を待つ」は必聴。シリポンをはじめ関係者取材をもとにしたおなじみSoi48の解説と全歌詞日本語・英語訳を掲載。堂々世界初CD化!

注釈:「モーラム」モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり“語りの達人”で、その歌手と芸能の両方をさす名称。モーラムは“歌”ではない。イサーン(タイ東北部)が本場。

+ 選曲・解説・装丁:Soi48(英訳付き)
+ 日本語・英語訳詩
+ CD 版:通常ジュエルケース,24頁ブックレット
+ LP 版:ライナー封入

TRACKS:
A1. 俺たち兄弟、都会を行く Part 1(コーシン&カノーンサック)
A2. 俺たち兄弟、都会を行く Part 2(コーシン&カノーンサック)
A3. 俺は億万長者(コーシン・インタラート)
A4. 愛しのモーラム姫(カノーンサック・シーウドーン)

B1. おしゃべり屋さん(ウボンラット・アムパイポーン)
B2. モーラム娘は愛を待つ(シリポン・アムパイポン)
B3. 結末なんてわかってる(ウボンラット・アムパイポーン)
B4. 来世で逢いましょう(シリポン・アムパイポン)

※CD/LP版は同内容ですが曲順が異なります。

Your recent history

Recommended