ヘンリー川原 [ 電脳的反抗と絶頂: エッセンシャル・ヘンリー川原 ] 2LP

型番 EM1197DLP
販売価格 3,630円(税330円)
購入数

※試聴クリップはページ下部にあります。




ヘンリー川原『電脳的反抗と絶頂: エッセンシャル・ヘンリー川原』[EM1197DLP] =LP2枚組=

「まるで2021年のコロナ禍の世に放たれるべく秘蔵されていたかのような、ポストパンデミックな”音泉"が世紀を跨ぎ遂に御開帳!!!!!!! いま、人類にとって必要不可欠なのは、変異株にも効くワクチンの接種と、故・ヘンリー川原の源泉を両耳から魂に直接かけ流す行為だ!!!!!!!」 — 宇川直宏(DOMMUNE)

90年代の本邦サイバー・オカルトとメディアアートの地下水脈で暗躍した音楽家、ヘンリー川原の異形な作品群を追った初のアーカイブ・リリース。企画から10余年の封印を解き、今ここにヘンリー川原を問う!

90年代前半におびただしい数の作品を発表した後、表舞台から姿を消したこのアウトサイダー作家を、メディアアートで活動を共にした沖啓介の寄稿と、その作品を果敢に送り出した八幡書店の社主かつ本邦オカルト界のフィクサー、武田崇元のインタビューを交えて検証する(作品解説は江村幸紀)。今のアート文脈から無きものとして存在を抹消されるのなら、われわれがその記録を残すのみだ。

生前、ヘンリー川原が選んでいた収録曲は、挑発的で実験色強いものから、東南アジア音楽を用いたもの、サイバー感が充満したアンビエント、スピリチュアルなピアノ曲など多岐にわたるが、そこには精神世界とテクノロジーが怪しく交錯したカウンターとしてのオカルト精神が見え隠れする。本コンピレーション収録ほぼ全曲が既発版とヴァージョンが仔細に異なる作家のフェイバリット版および未発表曲で、VINYL版はLP2枚組、CD版はCDのみボーナスディスク2枚を付けた3枚組となる。これまで知る由もなかった、本邦サイバー・オカルトと初期デジタル・メディアアートをミクストしたヘンリー川原の真相(深層)に迫る!

=作品仕様=
+ 12” LP 2 枚組(高品質カッティング、4mm背
+ 大判ライナー封入
+ 装丁デザイン: 2yang
+ 解説:沖啓介(寄稿)、武田崇元(インタビュー)、江村幸紀
+ 日本語・英語掲載

TRACKS:
A1. 私とあなたの関係に於いて、私は私自身についてベッドの上で考察する(Panpot Version)
A2. 原始の愛 (Delayed Version)
A3. 旅立ち
A4. Sound LSD #.SS05/7.83HZ (Radio Mix)
A5. ECO-Loocation (Stargazer Version)

B1. アンクルンの唄 (Edit)
B2. ライラックの弦 (First Version)
B3. [java] dance #2. “RELAXED”
B4. Nanpū (First 1992 version)
B5. 博物館の子供達 (Original Nov. 1991 Mix)

C1. ニケの小舟
C2. YEBISU/Yellow #2.

D1. Yorokobi-No-Koe
D2. エンドルフィンのゆく先 (Original Edit)
D3. 電子ニューロン回路の舞踏 (First Mix)

Your recent history

Recommended

Best sellers